文型

Sentence Pattern

それではYouTubeのヴィデオを見ながら英語の勉強しましょうね。 Let's study English from YouTube.

英語はどんなに複雑な文であってもこの5文型のどれかになっているのです。S,V,C,O 以外は修飾語(句)(Modifier such as prepositional phrase前置詞(句) and/or adverbial phrase副詞句) と考えてください。

At the heart of every English sentence is the Subject-Verb relationship. Other elements can be added to make a sentence more interesting, but they are not essential to its formation.

すべての英語の文の中心には主語動詞の関係です。他の要素は、文をより面白くするために追加することができますが、その形成に不可欠なものではありません。

 

They are not real students. How do you say "21" in English? Ten-Ten-One. Don't laugh.

 

goto top

(1) 基本5文型 --- 5 basic sentence patterns

 

goto top

(2) 英文法の神-02 --- 品詞とその働き Part of speech and their functions

 

goto top

(3) 英文法の神-03 --- 英語の語順 English word order

 

goto top 英文法 英語 基本5文型 日本語 日本人

(4) 英文法の神-04 --- 句と節 phrase and clause

 

goto top 英文法 英語 基本5文型 日本語 日本人

(5) 英文法の神-05 --- 英文の構造 English structure

 

goto top

(6) 英文法の神-06 --- 5 パターン 5 basic sentence patterns

 

goto top

(7) 英文法の神-07 --- 第2文型 vs. 第3文型 Sentence pattern #2 vs. #3

 

goto top

(8) 英文法の神-08 --- 第4文型 vs. 第5文型 Sentence pattern #4 vs. #5

 

goto top

(9) 英文法の神-09 --- 第2文型 どんな動詞?

 

goto top

(10) 英文法の神-10 --- 第3文型 どんな動詞?

 

goto top

(11) 基本5文型 --- 5 basic sentence patterns

 

goto top

(12) 基本5文型 丁寧に説明 --- 5 basic sentence patterns - carefully explained

 

goto top

(13) 第1文型 --- Sentence pattern #1 (S+V)

 

goto top

(14) 第2文型 look --- Sentence pattern #2 - look の 動詞を (S+look+C)

 

goto top

(15) 第4文型 show --- Sentence pattern #4 - show の 動詞を (S+show+O+O)

 

goto top

(16) 第5文型 make --- Sentence pattern #4 #5 - make の 動詞を

 


goto top

さて英語の構造分かったでしょうか?ここでの構造というのは、簡単に言えば、語順です。主語と動詞の位置に注目して下さい。
私は毎日学校へ行く I go to school every day.
Word order in Japanese "I / every day / to school / go." It sounds strange to native English speakers.

日本語と英語を比較すると、
日本語では、主語「私は」に対する動詞(述語)「行く」は、.一番初め一番最後になっています。
英語では、主語"I"に対する動詞(述語)"go"は、.一番初めその横になっています。
これが一番基本的な、日本語と英語の構造の違いと言えます。

h3 基本5文型の表 (Table of 5 basic sentence patterns)

基本5文型の表 (Table of 5 basic sentence patterns)
    基本5文型   Examples/Details
1

【S+V】

Sは Vをする

V 自動詞[intransitive]

主に使われるのは動作動詞
(action verb)

自動詞は目的語を取とれない。

He runs
s     v
彼は走る。

He went to school.
s     v     M (Modifier[修飾語.句])   
彼は学校に行った。

Birds fly.
s      v
鳥は   飛ぶ。

※ 辞書を使用する(Always use dictionary) そしてどんな品詞、述語があるか又例文などをみてください。
run: [intransitive] move quickly using your legs and feet.

※ Modifier(修飾語-いろいろな語や句や節でおもに形容詞,副詞,[前置詞+名詞]):
    He runs fast.(副詞Adverb), “fast”は形容詞(adj.)でもあり(He's a fast runner.) また名詞(Noun)でもあります(断食 How to fast for a Religious Occasion.)。

※ 第一文型だけでなく基本5文型すべて”V”は時制や態によりいろいろな形をとります。 下記の例文は第一文型S+Vで太字はV(verb)です。 単純時制だけ載せましたがこれ以外に完了や受動態があります。

He walks to school. ( 現在)
He walked to school. ( 過去)
He will walk to school. ( 未来)
He is walking to school. ( 現在進行形)
He was walking to school. (過去進行形)
He will be walking to school. (未来進行形)

Bold face letters above: Verbs do not always stand alone. Often we combine state-of-being verbs with action verbs to form verb phrases. A phrase is two or more words serving as one part of speech. A verb is one of the parts of speech.

cf: 第一文型と第二文型の違い
第一文型は自動詞でも完全に自立できる動詞だから補語はいらない (完全自動詞 Complete Intransitive Verb)。第二文型は自動詞でも自立できないから補語を必要とする(不完全自動詞 Incomplete Intransitive Verb)

2

【S+V+C】  [S=C]

Sは Cです

V 自動詞[intransitive]

be動詞は第二文型で使われる代表的な動詞.
それ以外はいくつかの例をあげてみます;
状態 be, lie, remain, keep, stay
変化 become, get, grow, come, go, fall
感覚 look, feel, sound, smell, taste, seem, appear

自動詞は目的語を取とれない。

He is a boy.
s   v   c (名詞, noun)      
彼は少年です。

He was busy.
s     v    c (形容詞, adj)
彼は忙しかった。

補語(C)は名詞と形容詞をとれます。 自動詞は、目的語を取ることができない。
Use adjective and/or noun as complement. Intransitive verbs cannot take objects.

※ be動詞は、主語に多くの情報を提供するために(補完するために)、主語と補語(名詞や形容詞)を結びつける役目をしています。

be verb: [intransitive] to link the subject of a clause to a complement in order to give more information about the subject.
※ Intransitive verb used after "it" as the subject of the clause, to give a description or judgment of something.
• It is a good thing that we left early.
※ Intransitive verb used after "there" to indicate that something exists or is true
• There are many problems with her research.

3

【S+V+O】   [S≠O]

Sは Oをする

V 他動的[transitive]

他動詞は目的語を取る。

He plays the piano.
s    v           o
彼はピアノを弾く。

He watched the DVD.
s    v              o
彼はDVDを見た。

Play: verb can be [intransitive/transitive]. However, in this sentence [transitive] to use an instrument to make music. Usage of [intransitive] is; The orchestra played beautifully tonight.
want: [transitive]. "want"は典型的な他動詞です。want something/want to do something だから何か必要ですよね。その何かが目的語です。

4

【S+V+O1+O2 】  [O≠O]

Sは OにOをVする

(O1+O2) 人に+物を

他動詞は目的語を取る。

He showed me the album.
s    v          o         o
彼は私にアルバムを見せた。

He made us cakes.
s    v       o    o
彼は私たちにケーキをつくった。

※ 目的語が1個でも2個でも取れる他動詞。
give 「~を与える。」     buy 「~を買う。」     teach 「~を教える。」     show 「~を見せる。」

5

【S+V+O+C】   [O=C]

Sは OをCにする

(O+C ~を ~と(に))

他動詞は目的語を取る。

He calls me Ken.
s    v      o     c
彼は私をケンと呼ぶ。

He made us happy.
s    v       o     c
彼は私たちを幸せにした。

  Summary of
Patterns

もう、頭が痛くなってきましたね。私の場合は全然日本で習ったこと覚えていないので英語のほうが簡単です。

第一 subject + VI VI: Intransitive Verb のことです
第二 subject + VL + subject complement VL: Linking Verb
第三 subject + VT + direct object VT: Transitive Verb
第四 subject + VD + indirect object + direct object VD: Ditransitive
第五 subject + VC + direct object + object complement VC: Complex Transitive

 

cf: 主語(単,複)と 時制(三単現のs)に注意する。 Pay attention to the subject-verb agreement.

Note: 自動詞? 又は他動詞? (This distinction is especially tricky because many verbs have both a transitive and an intransitive function.)

Note: 文型は最低限の骨組みです。それを基本としModifier[修飾語]を 主語,動詞、目的語、補語どれにも(全部にも)つけ文章をもっと複雑、興味深くする。又動詞の時制を変えることによって正しい意味を通じさせる。

goto top

h3 肯定文の語順パターン Affirmative sentence word order patterns

簡単に説明するために、上記の基本五文型表(table)では、単純な現在と過去の動詞を使用しています。でもこの”V”は時制や態によりいろいろな形をとります。下記はほんの少し”V”のことを説明します。詳細は動詞のページをご覧ください。

動詞ののいろいろな形 (Verb patterns)
  Verb   Examples/Details

【be動詞 Verb To Be
Base form = be
Present form = am/is/are
Past form = was/were
Present Participle / Gerund = being
Past Participle = been

deco

ここで紹介するのは一般のbe動詞です。英語ではlinking verb連結動詞といいます。この動詞の前と後ろの語や句をつなげる。主にS+V+Cの文型で使われます。 The linking verb is used to connect the subject with complements(adjective or noun).

deco

Note: be動詞はそれ以外に助動詞helping verbs (auxiliaries)としても使われます。又助動詞は2種類に区別されます。
1) primary: be, have, and do
2) modal: can, could, may, must, should,
              will, and would
そしてbeの助動詞は:進行形(beの助動詞+現在分詞)と受動態(beの助動詞+過去分詞)で使われます。

 

~ です。
存在する(existence)    ~ する。 ~ ある。

I am a junior high student.

Note: I have not finished this section. blablabla
[intransitive[ verb used after "it" as the subject of the clause, to give a description or judgment of something. • It is a good thing that we left early.
[intransitive[ verb used after "there" to indicate that something exists or is true. • There are many problems with her research.
[linking verb] used in descriptions. used for giving information about someone or something, by giving their name, job, position, etc., describing them, or saying where they are. • He is our Marketing Director.
[auxiliary verb] used in progressive verb tenses. used for forming the progressive tenses of verbs, that are used for showing actions that are in progress at a particular point in time. • I’m studying English Literature.
[auxiliary verb] used in passive verb forms. used for forming the passive form of verbs. • He was killed in a car accident.

【一般動詞 Common Verb

V 自動詞[intransitive]

• Some verbs can only be used intransitively.
      He sits in the front row.
      The sun rises in the East.
      He lay in bed all day
• Most verbs in English may be used intransitively or transitively. Notice the verb is not followed by an object when it is used intransitively.

V 他動的[transitive]

• A transitive verb takes a direct object. The direct object can be a noun, a pronoun or a clause.
      They bought the sweater.
      He watched them.

For instance, in the sentence Most birds can fly, the verb to fly is intransitive, since it is used without an object.
But in the sentence This pilot will fly the plane, the verb to fly is transitive, since it takes the object plane.

diagram-6-verbs

  Root Past P.P.
Trans: to lay laid laid
Intrans: to lie lay lain
  lay - 横たえる, 置くput down
lie - 横になるrecline
Trans: to raise raised raised
Intrans: to rise rose risen
  raise - 〈ものを高く)持ち上げる
rise - 昇る go up, increase
Trans: to set set set
Intrans: to sit sat sat
  set - (特定の場所に)置く
sit - 座る, 腰かける

【一般動詞の時制 Tense

現在形(Present Simple)

過去形(Past Simple)

未来形(Future Simple) will+V

現在進行形(Present Progressive)
am/are/is + Ving
[Ving means present participle 現在分詞]

過去進行形(Past Progressive)
was/were + Ving

未来進行形(Future Progressive)
will などの modal verb+Ving

現在完了形(Present Perfect)
have/has + past participle[過去分詞]

過去完了形(Past Perfect)
had + past participle

未来完了形(Future Perfect)
will have + past participle

現在完了進行形(Present Perfect Progressive)

過去完了進行形(Past Perfect Progressive)

未来完了進行形(Future Perfect Progressive)

* 完了形は
      (完了completed)
      (経験experience)
      (継続continued)を表現する *

diagram-7

12 の形があります。

ほとんどの文章は、主動詞を持っています。その動詞は、すべて時制(現在,過去,未来,進行,完了)で表現されています。

Most statements have a main verb. These verbs are expressed in tenses, which place everything in a point in time.

現在:   A: He speaks.
         N: He does not speak.
         Q: Does he speak?

過去:   He spoke.

未来:   He will speak.

現在進行形:   He is speaking.

過去進行形:   He was speaking.

未来進行形:   He will be speaking.

現在完了形:   He has spoken.

過去完了形:   He had spoken.

未来完了形:   He will have spoken.

現在完了進行形:   He has been speaking.

過去完了進行形:   He had been speaking.

未来完了進行形:   He will have been speaking.

★ 主動詞(main verb)は... speak/speaks/spoke/speaking/spoken 他の動詞は助動詞(Auxiliary verb)です。

 

 

cf: 現在完了形 gone と been の使い方
have ( has ) gone to ~ 「~に行ってしまった。」 (完了用法)
Hisako's Q: I have gone to the park three times this week. (?) have ( has ) been to ~ 「~に行ったことがある。」 (経験用法)

diagram5-tense

【受動態(受け身) Passive Voice

助動詞のbe + 過去分詞 ・・・・・・・・・
be+past participle

助動詞のbeが時制とともに変わる。 過去分詞は変わらない
The auxiliary “be” will change along with the tense. However, the past participle does not change.

目的語のある文型だけが受け身になれます、と言うのは目的語が主語になるから。 過去分詞には、「・・される。」という意味がある。主語の状態を示す be動詞と一緒になることで、「・・は○○によって~される。」という意味が出来上がるわけです。

I ate an apple.(S V O) <---> The apple was eaten.

Use passive voice when:
* we want to make the active object more important
* we do not know the active subject

態(Voice)とは?

The form of a verb that indicates the relation of the subject to the verb. In the active voice, the subject performs the action, as in "I hit him," while in the passive voice the subject suffers the effect of the action, as in "he was hit."

主語が動詞を対象としての関係を示す動詞の形。"私は彼を叩いた"のように “アクティブな態で、アクションを実行する。"彼は叩かれた“のように受け身(passive)な態で対象はアクションの結果を苦しんでいる。

簡単に言うと能動態と受動態の違いは「~する」-「~される」、「~した」-「~された」

Active voice: Someone stole my bike.
誰かが私の自転車を盗んだ。
Someone   stole my bike.
S   V O
doing action     receiving action

 

Passive voice: My bike was stolen.
私の自転車が盗まれた。
My bike was stolen (by someone).
S (OがSとなる) be V  
receiving action      

 

Scissors are kept here. (Present Simple 現在)
The window was broken. (Past Simple 過去)
The work will be done soon. (Future Simple 未来)
Our work has been finished. (Present Perfect 現在完了)

 

diagram-4

もちろん、単純にこのパターンだけというわけではありませんが、基本は、ざっとこんなものです。

goto top

h3 第一文型 (S+V, S+V+M)  Sはブルー Vはオレンジ色 < >は Modifier(修飾)

  1. I go <to school>.       We live <in Japan>.
  2. He is jogging <in the park><right now>.
  3. My father was sleeping <when I came home>.
  4. My mother has never been <abroad>.
  5. There is nothing <to be afraid of>.
  6. There are so many people <in the stadium>.
  7. There lived an old woman <in the woods>.
  8. Any book will do <as long as it is interesting>.
  9. There still remain a lot of mysteries <to be solved>.
  10. Japan heavily depends <upon the Middle East><for its oil supply>.
  11. This knife cuts <well>.
  12. He jogs <with Tom around the park every morning>.

#1の例文 "school"(学校)は、目的語じゃないのか?と言われそうですね。 これは、確かに目的語ですが、前置詞"to"の目的語です。 この文の動詞である"go"の目的語ではありません。この場合は、"to school"は「学校に」という修飾句になるわけです。 同様に"Japan"は、前置詞"in"の目的語で"in Japan"は修飾句です。

Prepositional phrases consist of a preposition and an object of a preposition, and functioning as Adjectives (by modifying the nouns) or Adverbs (by modifying the verbs).
前置詞句は、前置詞と前置詞のオブジェクトで作られていて(名詞を説明することによって)形容詞として、または (動詞を説明することによって)副詞として機能します。

diagram

#3: "when I came home": [when 関係副詞(Relative adverb)]. "When" is used for asking "at what time/ in what kind of situation" something happens. 関係詞の範囲はSとVがその中にあり(節といいます)節は完全な文になりませんが小文章です。 主動詞が関係詞節の前方なら関係詞から最後まで、後だったらその動詞の直前までです。

Note: The food (which I hate) is onion. (私が嫌いな)食べ物はオニオンです。 [which I hate]が関係詞節. whichは【関係代名詞】で物・事に対応する名詞の主格です。 【関係副詞】 場所 where 時 when 理由 why です。 詳細は関係詞のページを見てください。

#8: as long as …する限り, …さえすれば . 副詞として機能します。

#12: The order of adverbials is manner, then place and then time (様子、場所、時).

goto top

h3 第二文型 (S+V+C) 補語(C)は名詞と形容詞をとれます. 動詞は全て自動詞

補語(C)は名詞と形容詞をとれます。動詞のすぐ横に形容詞/名詞が来る。 S=Cの関係が成り立つ。be動詞は第二文型で使われる代表的な動詞. be動詞「~です。~である」の意味の場合は絶対に後ろに何かを補わないといけない、つまり補語を必要とするわけです。

* 状態: be, lie, remain, keep, stay

* 変化: become, get, grow, come, go, fall

* 感覚: look, feel, sound, smell, taste, seem, appear

* a situation [be, lie, stand, sit, appear, look, seem etc.]

* a continuation of situation [continue, keep, remain, stay etc.]

* a change of situation [become, get, grow, turn, turn out etc.]

* a sense or a feeling [feel, smell, sound, taste etc.]

~である。~のままである。~になる。~にみえる。~のように感じる。~のように聞こえる。~のような匂いがする。~のような味がする。~のように思われる。

 

I feel bad. 私は気分が悪い。 「私=悪い(状態)」

辞書を引いてみて。bad (形容詞adj.)、 feel (動詞verb(mostly used as intransitive) 動詞(自動詞か他動詞、両方かをみる)、名詞、そして "feel like" のような他の単語のかたまり) This example "feel" is used as linking verb (intransitive verb)

She became a doctor. (S+V+C) 彼女は医者になりました。「彼女=医者(に変化した)」a doctor (名詞 noun)

He looks young. (S+V+C) 彼は若くみえる。「彼=若く(知覚される)」 young (形容詞(adj.)だが副詞的用法をしている)

She looks like her mother. (S+V+C) 彼女は母親似。 名詞が補語(C)の場合 "look like" を使う。

We looked everywhere. (S+V) 私たちはあっちこっち探し回りました。 (intransitive verb to use the eyes to examine, watch, or find somebody or something.) everywhere is 副詞adverbで修飾.

 

"look"の意味の違いは(1)・・見る (2)・・に見える
第一文型はS+V、実際にはSVだけでは物足りないので追加情報としてM(修飾語-おもに副詞)を足してあげるのでしたね。S+Vだけで文章が成り立つ。だから V は完全自動詞(complete intransitive)。 第二文型はS+V+C、S+Vだけでは文章が成り立たない。だから V は不完全自動詞(incomplete intransitive)。
形容詞であるのか副詞であるのかはその話す意味で異なります。辞書を見ながら一つずつ覚えていくと 区別できるようになります。

 

Difference between SV and SVC
I am your friend.  I = your friend 「私はあなたの友だち」でいいですね? ですからSVC文型です。
You sleep at 10 o'clock.  You ≠ at 10 o'clock. 「私は10時」そんなわけがありません。ですからSV文型です。

  1. I am Mike. 私はマイクです。 「私=マイク」 S=Cの関係が成り立つ Mike-Noun(名)
  2. He is my friend. 彼は私の友達です。 「彼=私の友達」 friend-Noun(名)
  3. She is beautiful. 彼女は美しい。 「彼女=美しい」 beautiful-Adjective(形)
  4. He is tall. 彼は背が高い。 (状態)
  5. He is growing tall. 彼は背が高く成長しています。 (変化)
  6. He looks tall <for his age>. 彼は彼の年よりも背が高くみえます。 (感覚)
  7. The fact is <that I don't know anything about her>. 私は彼女については何も知らない。
  8. He was kind <when he was young>. 彼は若い頃親切でした。
  9. He is a student <of Tokyo high school>.彼は東京高校の学生です。
  10. It is good <for the health to walk for at least thirty minutes every day>. 少なくとも30分毎日歩くことは健康にいいです。
  11. It was a very good movie. それは非常に良い映画だった。

S+V+Cの文には、大事な特徴は、S=Cの関係が成り立つことです。例文で言うと「私=マイク」 「彼=私の友達」 「彼女=美しい」ですね。特に、第二文型で、補語(C)が名詞の時は主語(S)と厳密にイコールです。

一つの文章を例として分析してみましょう。 Let's analyze a single sentence as an example
it [3人称単数中性主格] それは[が]
was be の1人称および3人称単数過去形.

a(不定冠詞Indefinite article) very(副詞adverb) good(形容詞adjective) movie(名詞noun)

xxx

xxx

diagram-8-stn

goto top

h3 第三文型 (S+V+O) 目的語(O)は名詞しかとれません. 動詞は全て他動詞

  1. I have a ball. 私はボールを持っています。
  2. She has a slice of bread. 彼女はパンを食べる。
  3. The boy plays tennis. その少年はテニスをする。
  4. He helps those who help themselves 彼は自ら助くる者を助ける。

 

diagram-3

goto top

h3 第四文型(S+V+O+O) 前の方を間接目的語(O1)、後の方を直接目的語(O2). 動詞は全て他動詞

  1. I give you a ball. 私はあなたにボールをあげる。
  2. She spares me a few minutes. 彼女は私に時間を割く。

さて、ここで使われている動詞も、第三文型と同じく他動詞です。ですが、二つ目的語をとれる他動詞なんですね。ところで、二つとれるのなら、一つだけでもとれそうだと思いませんか?

ということで、第四文型は第三文型に書き換えられます。(出来ないものもあります。) 形としては、S+V+O1+O2→S+V+O2+修飾句(前置詞+O1)となります

修飾句ときてピンときたでしょうか?第一文型で出てきましたね。この書き換えで用いられるのは、to, for, of といった前置詞です。これらの後ろに間接目的語(O1)を付けて、修飾句を作ります。

I give you a ball. ---> I give a ball to you.

She spares me a few minutes. ---> She spares a few minutes for me.

例文3も同様に"him"(彼)は、前置詞"to"の目的語で"to him"は修飾句です。
つまり、ある動詞の目的語とは、その動詞のすぐ右横に来るものをいうわけです.

goto top

h3 第五文型(S+V+O+C) 主語+動詞+目的語+補語(名詞か形容詞)

  1. You make her beautiful. あなたは彼女を美しくする。
  2. She calls her cat Tama. 彼女は自分の猫をタマと呼ぶ。
  3. You leave me alone. あなたは私を独りにする。
  4. I always keep my room tidy. 私はいつも自分の部屋をキチンとしている。
  5. We elect him captain. 私たちは彼をキャプテンに選ぶ。
  6. He made me angry. 彼は私を怒らせた。
  7. I think it important <that we should tell the truth>. 私たちは真実を言わなければならないことが重要だと思います。
  8. They named the boy Martin <after his grandfather>. 彼らはその少年の祖父にちなんでMartinと名付けた。

では、美しくなるのは誰でしょう?彼女ですね。つまり、「彼女が美しい」わけです。この文を英文で書くと、"She is beautiful."第二文型です。S=Cが成り立ちますね。(第二文型の項参照) つまり、第五文型(S+V+O+C)において、O=Cの関係が成り立つわけです。

* it=仮の主語,  to walk (不定詞 Infinitive)=真の主語

[make + person + verb] This construction means "to force someone to do something." Ex. She made her children do their homework.

 

deco

 

You look for the verb type (linking, intransitive, transitive, ditransitive, object complement), find its pattern; anything left over is modification.
I said subject and object are nouns. That is true. However, it is not only single noun, sometimes we use a group of words that functions as a noun.

最初に動詞のタイプを見る(連結動詞、自動詞、他動詞、二重目的語動詞、目的補語など)。 そしてその文型パターンを見つける、主語(名詞)、動詞、補語(名詞、形容詞)、目的語(名詞)など それ以外は修飾。 ところが動詞のタイプを見つけるのが本当に難しいんです。と言うのは一つの動詞でも自動詞であり又他動詞でもあり、だから使い方が解からないと迷ってしまいます。
主語と目的語は名詞と言いましたね。それは事実です。次のページ "主語と目的語の種類" を見ても分かるように一単語の名詞だけではなく名詞としての機能をする(たとえば名詞的用法の語、句,節など)を使うことが多いんです。だから文章が複雑になってきます。

 

deco

 

いろいろな補足情報リストを作成しました。下のボタンをクリックしてください。
Supplemental information. Please click button below.

goto top

Please visit my personal Website. I created Web Design Tutorial. It is in my Portfilo page. Click image to visit.
personal-website   my-portfolio